成功するには専門性が必要です

仕事について

こんにちは。

マキタです。

今回は「専門性って必要なのかな~?」って疑問に思っているあなたに向けた記事です。

まず結論から言いますと「必要」です!

僕は以前のツイートでも、次のようなことをつぶやいていました。

僕が思うに「何でも屋」で戦っていくよりも、何か一つ光るものを持っている人の方が、強いんじゃないかって思うんです。

とはいえ、あなたの中にも次のような疑問が湧いていることと思います。

あなた
あなた
  • なぜ専門性が必要なの?
  • 専門性が必要って言ってもどうやって身に付ければいいの?

これらのあなたの中にある疑問を、僕がお答えしていきますね。

最後まで理解していただければ、今までの色々な事に手を出してしまう中途半端な自分とは、おさらばすることが出来るはずですよ。

それでは、まず最初の疑問から解決していきましょう。

なぜ専門性が必要なの?

あなたの一つ目の疑問は、

あなた
あなた

なぜ専門性が必要なの?

でしたね。

これに対する僕の考えは、

マキタ
マキタ
  • 『何でも屋』はある意味全てが中途半端だから
  • 一つの分野に絞った方が圧倒的に高い成果を出せるから

の二つです。

これらの僕の回答を、ひとつずつ解説していきますね。

『何でも屋』はある意味全てが中途半端だから

何でも屋って言うと、なんだかオールマイティでとても仕事が出来るような感じがしますね。

結構、このなんでもオールマイティにこなせるようになろうとする人って、多いと思うんです。

でも、僕が何でも屋な人に抱くイメージって、

どの分野でも平均程度

なんです。

たしかにこれはこれで凄いですし、万が一の補欠要因としてはとても重宝されるかもしれないです。

でもやっぱり補欠に回される機会が、多くなってしまうんです。

なぜなら、どの分野でも一番にはなれないから。。。

要するに、

器用貧乏はあまりパッとしないんです。

逆に人間って一つでも突き抜けたものがあると、とても輝けるんですよ。

一つの分野に絞った方が圧倒的に高い成果を出せるから

人よりも大きな成果を出そうとするならば、やっぱりいろいろなものに手を出してはいけないと思います。

一つのものを徹底的に磨いて、やっと成功を掴みとれるんじゃないでしょうか?

だから、

労力を一つに集中させる

っていうことが、とても大事なんです。

どの分野でもトップ層の人たちって、一つのことを突き詰めてきた猛者ばかりが集まっています。

そんな人たち同士で競り合っているんです。

だから、

労力を分散させたら絶対に勝てないと思いますね。

色々と欲張って手を出していては、決して上には行けないんです。

それではこの章をまとめておきますね。

なぜ専門性が必要なの?

  • 『何でも屋』はある意味全てが中途半端だから
  • 一つの分野に絞った方が圧倒的に高い成果を出せるから

じゃあ、次に二つ目の疑問にいきましょう。

専門性が必要って言ってもどうやって身に付ければいいの?

二つ目のあなたの疑問は、

あなた
あなた

専門性が必要って言ってもどうやって身に付ければいいの?

でしたね。

僕の回答は、

マキタ
マキタ
  • 自分の興味のあることを徹底的に追及する
  • 興味の無い事には極力手を出さない

です。

それではこれらの回答を、また一つずつ解説していきますね。

自分の興味のあることを徹底的に追及する

まず、専門性を身に付けるために一番重要なことって「その分野に興味があるかどうか」なんです。

だって、

興味のあることが一番伸びるって思うんです。

『好きこそものの上手なれ』って言うじゃないですか。

好きな事って、勉強もあまり苦にならなくないですか?

理想は「お金を払ってでもあなたがやりたいこと」をやることですね。

そういう事って、伸び悩みの時期がきたとしても、

挫折しにくいと思います。

それに、今の時代は本当にどんなことでも、自分の強みになりますし。

例えば以前では、プロゲーマーとかユーチューバーなんてとても想像できなかったですよね?

でも今は、そのような事が立派な職業になるんです。

どんなことでもいいので、あなたの興味があることで専門性を高めてみてくださいね。

興味の無い事には極力手を出さない

これは、今言ったこととは逆なんですけど「興味の無い事には手を出さない」方がいいと思います。

なぜかと言うと、シンプルに時間の無駄だからなんです。

だって、

興味のない事はなかなか身に付かないじゃないですか?

身に付いたとしても、おそらく人一倍時間と体力を消費すると思うんです。

そんな感じでは、その分野で突き抜けることは到底できません。

正直、コスパがメッチャ悪いですね。

それに、どんな分野でもそれを得意とする人って、どこかに必ずいるんですよね。

だから、

自分よりも得意な人にお任せする

っていうのが、いいんじゃないかと思うんです。

人に仕事を任せることが出来るっていうのは、マネジメント能力が優れている証拠なんですよ。

興味の無い事はさっさと他人に任せて、あなたは新たに生まれた時間を有効活用しましょう。

いちばん有効的な時間の使い方は、自分の興味のあることを更に磨くことだと思います。

それでは、この章をまとめておきます。

専門性が必要って言ってもどうやって身に付ければいいの?

  • 自分の興味のあることを徹底的に追及する
  • 興味の無い事には極力手を出さない

専門性を追求するっていうのは「好きな事」をして「嫌いな事」をしないっていうシンプルな事なんです。

ある意味、自分に正直に生きるって事なんだと思いますね。

まぁ、ここまで色々と説明してきましたが、今回僕が言いたい主張は、

マキタ
マキタ

成功するには専門性が必要です

ってことなんです。

それでは最後に、今回の記事の総まとめをしておきましょう。

なぜ専門性が必要なの?

  • 『何でも屋』はある意味全てが中途半端だから
  • 一つの分野に絞った方が圧倒的に高い成果を出せるから

専門性が必要って言ってもどうやって身に付ければいいの?

  • 自分の興味のあることを徹底的に追及する
  • 興味の無い事には極力手を出さない

おそらくなんでも一人でこなそうとしますと、どれも中途半端になっちゃうと思うんです。

それに結構な割合で、やりたくない事もやらなくちゃいけない場面が出てきますよね。

逆に専門性を突き詰めていきますと、やりたくない事を無理してやるっていう機会が、減っていくと思います。

それに、成長スピードも人一倍速いはずです。

なので専門性を高めるような生き方は、あなたの人生に好循環をもたらすと思いますよ。

ほかにも、あなたの人生に役に立つ記事をたくさん書いていますので、ぜひそちらも読んでみてくださいね!

ツイッターのフォローもよろしくお願いします。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました