仕事では資格よりも実績が大事なんです

仕事について

こんにちは、マキタです。

あなたは就活で履歴書に書くためとか、今の仕事に活かすために、とりあえず何か資格を取ろうとしていませんか?

でも資格を取っただけでは、あなたにとって仕事が有利になる訳じゃないんです。

その理由が、以前の僕のツイートに書いてありますので、まずは読んでみてください。

もちろん、資格が無いと業務に付けないとかの理由がある場合には、この限りではありません。

でも自分に箔を付けようという考えで、使うかどうかもわからない資格を一応とっておくというのは、正直無駄なんです。

さっきのツイートにも書いてあった通り、実績を積んだ方が何倍もあなたの評価は上がるんです。

とは言っても、あなたにも次のような疑問が湧いているはずですよね。

あなた
あなた
  • なぜ仕事では資格よりも実績が大事なの?
  • 仕事で実績を残すにはどうすればいいの?

これらの疑問を、僕が一つずつお答えしていきたいと思います。

これらがしっかり理解できれば、あなたも実績をどんどんと積み上げていき、ちゃんとそれに見合った評価を周りから得られるようになりますよ。

それでは、まずは一つ目の疑問から回答していきます。

なぜ仕事では資格よりも実績が大事なの?

まず最初のあなたの疑問は、

あなた
あなた

なぜ仕事では資格よりも実績が大事なの?

でしたね。

これに対する僕の考えは、

マキタ
マキタ
  • 資格はスタート地点に立ったに過ぎないから
  • お客はあなたの実績で仕事を頼むかどうか判断しているから

の二つです。

それでは、これらを一つずつ解説してみたいと思います。

資格はスタート地点に立ったに過ぎないから

資格って、難しければ難しいほど取得した時点で、なんだか自分が一人前になった気分になりますよね?

でも、それは正直勘違いなんですよ。

だって、

『資格がある=仕事が出来る』ではないんですね。

資格が必要な仕事においては、あくまでもスタート地点に立ったに過ぎないんです。

むしろ、

資格をとってからの方が、覚えることが沢山あると思いますよ。

そこのところをどうしても勘違いしやすいんですね。

お客はあなたの実績で仕事を頼むかどうか判断しているから

じゃあ、仕事に対するあなたの価値は一体なにで図られるのかというと、今までの実績なんです。

結局仕事を頼む側にとっては、あなたがどんなものを納品してくれるのかにしか、興味はないんですよ。

だから、実績が大事なんです。

過去の実績で、あなたの商品のクオリティが分かるんですね。

正直、あなたの持っている資格を並べられたところで、何の参考にもなりません。

それに、

実績の無い人に仕事を頼むのは、勇気がいることなんです。

だから相手のためにも、あなたは少しでも多くの実績を積み上げておく必要があるんですね。

なぜ仕事では資格よりも実績が大事なの?

  • 資格はスタート地点に立ったに過ぎないから
  • お客はあなたの実績で仕事を頼むかどうか判断しているから

それでは、次の疑問にまいりましょう。

仕事で実績を残すにはどうすればいいの?

二つ目のあなたの疑問は、

あなた
あなた

仕事で実績を残すにはどうすればいいの?

でした。

これに対する僕の考えは、

マキタ
マキタ
  • 実績の無いうちはどんな雑用でも真剣に取り組む
  • あなたに仕事を与えてくれた人への感謝を忘れない

です。

それでは、またこれらの回答を一つずつ解説していきますね。

実績の無いうちはどんな雑用でも真剣に取り組む

どんなに実績が大切とは言っても、最初は誰でも実績なんてないんですよね。

だから、本当に小さい実績をコツコツと積み上げていくしかないんです。

でもそれがとても重要なんですよ。

だって、

いきなり大きなプロジェクトはこないんです。

なにも実績のないあなたに、いきなり大きな仕事を任せるなんて、賭けでしかないんですよ。

だからまず小さくてもいいんで、信用という実績を積み上げてみてください。

そのためには、

雑用を完璧にこなし信用を得ておくのが、いいんじゃないかと思いますね。

必ずそういう小さいことでも、見てくれている人っているもんなんです。

他になにも実績がない以上は、仕事と関係がないと思われるような雑用にでも、全力で取り組んでみてください。

「この仕事を誰に頼もうかな?」って考えてる人が、もしかしたら『信用できるあなた』に声をかけてくれるかもしれませんよ。

あなたに仕事を与えてくれた人への感謝を忘れない

これから沢山の実績を積んで行こうとするなら、相手にはリピーターになってもらわないといけないんです。

せっかく仕事を与えてくれても、いつも単発で終わってしまっては、実績がなかなか積みあがっていかないんです。

なので、仕事をくれた相手に感謝をするようにしてください。

だって、

あなたに仕事を運んでくれるのはいつも人間なんです。

「またあなたに仕事を頼みたい!」と思わせるようにしないといけないんですね。

誰だって、感謝の気持ちを持ってくれている人と、仕事をしたいんです。

そこで気を付けなければいけないのが、

「やらされている」という態度では、いつか仕事を与えてもらえなくなるということです。

どうしても仕事が立て込んで余裕がなくなると、こういう態度になってしまいがちなんですよね。

でも頼む側からしてみたら、嫌々仕事をしている人には「もう二度と頼みたくない」って思うのが普通だと思うんです。

仕事で実績を残すにはどうすればいいの?

  • 実績の無いうちはどんな雑用でも真剣に取り組む
  • あなたに仕事を与えてくれた人への感謝を忘れない

あなたの二つの疑問を解決したところで、もう一度大事なことを言います。

マキタ
マキタ

仕事では資格よりも実績が大事なんです

これをちゃんと胸に刻んでおけば、あなたが仕事に困ることはないと思います。

それでは、最後にまとめをしておきましょう。

なぜ仕事では資格よりも実績が大事なの?

  • 資格はスタート地点に立ったに過ぎないから
  • お客はあなたの実績で仕事を頼むかどうか判断しているから

仕事で実績を残すにはどうすればいいの?

  • 実績の無いうちはどんな雑用でも真剣に取り組む
  • あなたに仕事を与えてくれた人への感謝を忘れない

実績って、最初は誰でも無いものなんです。

だから、まずはあなたに出来ることから、全力で取り組んでみてください。

実績を積むというのは、「信用を得る」ということなんです。

以上で今回は終わりになります。

他にも、あなたの人生に役に立つような記事を沢山用意していますので、ぜひそちらも読んでみてくださいね。

また、ツイッターのフォローもよろしくお願いします。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました