ストレスの原因は『過去と未来』に意識が行っているから

人間関係について

どうも、マキタです。

あなたは、ストレスにいつも悩まされていませんか?

僕は、ずーっとストレスを感じて生きてきたんです。

でも最近は、どちらかと言うとあまりストレスを感じないようになりました。

それは、あることに気付いたことがきっかけでした。

僕が以前つぶやいた、次のツイートにそれが書いてあるので、ちょっと読んでみてください。

このように『過去』と『未来』に意識が向いている時に、ストレスを感じて感じていたんです。

なので、意識を『今』にフォーカスすることが出来れば、ストレスってだいぶ減るんですよ。

だから、もしあなたが普段からストレスを感じやすいのなら『今』に意識を向けてほしいんです。

とは言うものの、あなたにも次のような疑問があるはずですよね?

あなた
あなた
  • なぜ『過去と未来』に意識が行き過ぎるとストレスが溜まるの?
  • ストレスが溜まらないように『今』に集中するにはどうしたらいいの?

これらの疑問が解消されて、初めて心から納得できると思います。

なので今回は、これらのあなたの疑問に僕がお答えしていきますね!

読み終わる頃には、きっとストレスから解放されたあなたがいるはずですよ。

それでは、まずは一つ目の疑問についてお答えしていきます。

なぜ『過去と未来』に意識が行き過ぎるとストレスが溜まるの?

一つ目のあなたの疑問は、

あなた
あなた

なぜ『過去と未来』に意識が行き過ぎるとストレスが溜まるの?

ですね。

これに対する僕の回答は、

マキタ
マキタ
  • 過去の記憶は良い事よりも悪い事の方が印象が強いから
  • 人は未来に対して希望より不安を抱きやすいから

の二つです。

それでは、それぞれの解説をしていきます。

過去の記憶は良い事よりも悪い事の方が印象が強いから

まず過去についてなんですが、

悪い記憶はずっと残りやすいんです。

あなたの過去を振り返ってみるとどうですか?

辛い思い出が、結構蘇ってくるかと思います。

逆に良い思い出もあるにはあるのでしょうが、悪い記憶の方がどうしても鮮明に覚えているものなんですよね。

でもこれは仕方のないことなんです。

人間が危険を回避するために、必要な機能として備わってしまっているんです。

これは物事をただ記憶しておくよりも、そこに『負の感情』を絡ませておくことで忘れにくくしているんです。

更に恐怖を感じたときの記憶があると、危険を察知した時にそこから逃げようとする本能が、働きやすいんです。

この身を守るための機能が、あなたのストレスの原因になってしまっているのです。

しかし、人間はこの本能的な思考を理性でコントロールできるので、ストレスを軽減することも可能なんです。

どのようにコントロールするかは後でお話ししますね。

人は未来に対して希望より不安を抱きやすいから

そして未来に対しても意識を働かせ過ぎると、ストレスを感じる原因になってしまうんです。

それはなぜかというと、

勝手にありもしない妄想を膨らませてしまうからなんですね。

あなたにも心当たりはありませんか?

起こるかどうかもわからない未来のことで、必要以上に不安になってしまうことが。

でも、不安や心配のほとんどは起こらないと考えておいていいと思います。

大体は考え過ぎなんですよね。

それにどんなに不安がっていても、将来のことなんてわかりません。

わからない以上は、無駄に心配しても仕方がないんです。

心配性の人って、特にストレスを感じやすいんですよね。

「未来のことは未来の自分に任せる」くらいに思っておけばいいと思いますよ。

なぜ『過去と未来』に意識が行き過ぎるとストレスが溜まるの?

  • 過去の記憶は良い事よりも悪い事の方が印象が強いから
  • 人は未来に対して希望より不安を抱きやすいから

それでは、二つ目の疑問にお答えしていきたいと思います。

ストレスが溜まらないように『今』に集中するにはどうしたらいいの?

あなたの二つ目の疑問は、

あなた
あなた

ストレスが溜まらないように『今』に集中するにはどうしたらいいの?

っていうことでしたね。

これに対する僕の回答は、

マキタ
マキタ
  • とにかく体を動かす
  • 自分の行動をよく観察する

の二つです。

それでは、またそれぞれ解説していきますね。

とにかく体を動かす

体を動かすってとても単純な事なんですが、とても大事な事なんです。

頭の中で思考がグルグルと周りはじめて、ストレスを感じていることに気付いたら、とりあえず体を動かしましょう。

なぜかと言うと、無駄に考える暇を無くすってことが大事なんです。

ウォーキングなんかが、とてもオススメですね。

もしくは、部屋の掃除なんかでもいいでしょう。

床を黙々と雑巾がけしている時は、あなたの頭の中も無心になっているはずですよ。

人間っていうのは、止まっていると脳が勝手に思考してしまうものなんです。

しかし体を動かしている時って、不思議と余計な事を考えなくなるんです。

自分の行動をよく観察する

そして自分の行動を、よく観察するようにしてみてください。

出来る限り、自分を俯瞰(ふかん)して見ることが大切です。

常に、自分を少し高い所から見ているような感覚を持つと、いいと思います。

今の自分が、よく見える様になると思いますよ。

また、ウォーキングをしている時などは、

自分の行動を心の中で唱えてみるのもオススメですね。

例えばですけど「右、左、右、左・・・」のように、踏み出す足に集中するんです。

人間の頭って、二つの事を同時には考えられないので、嫌でも『今』に集中することが出来るようになります。

ストレスが溜まらないように『今』に集中するにはどうしたらいいの?

  • とにかく体を動かす
  • 自分の行動をよく観察する

二つの疑問が解決したところで、今回僕があなたに一番伝えたかったことを、もう一度言わせてください。

それは、

マキタ
マキタ

ストレスの原因は『過去と未来』に意識が行っているから

ということです。

しっかり覚えておいてくださいね!

それでは、最後にまとめをしておきましょう。

なぜ『過去と未来』に意識が行き過ぎるとストレスが溜まるの?

  • 過去の記憶は良い事よりも悪い事の方が印象が強いから
  • 人は未来に対して希望より不安を抱きやすいから

ストレスが溜まらないように『今』に集中するにはどうしたらいいの?

  • とにかく体を動かす
  • 自分の行動をよく観察する

「過去と未来」に意識を向けることによるストレスって、自分自身の思考が作り出しているんです。

『今』に集中するってことは、その自分の思考をコントロールするってことなんです。

はじめのうちは、なかなか思考をコントロールするのは、難しいかもしれません。

でもストレスの原因が「自分の『過去と未来』に対する幻想だ」ということに気付いているってことが、とても大事なんです。

あなたなら、きっと大丈夫ですよ。

他にも、あなたの人生に役に立つ記事をたくさん書いていますので、ぜひそちらもご覧になってくださいね!

また、ツイッターもフォローをよろしくおねがいします。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました