収入を増やす事を考えるよりも節約しちゃった方が早いって話。

お金について

どうもこんにちは。

今回の記事は題名の通りなんですが、「収入を増やすことを考える前に、節約した方が早いよ!」っていう内容になっております。

僕は以前、こんなツイートをしました↓

このように僕は、常日頃から節約には力を入れているんです。

ただ一つ注意なのは節約が行き過ぎて、ケチにはならないようにしてください。僕はなんでもかんでも節約をしていたら、貧乏性に陥っていました。

貧乏性になると確実に貧乏になります。

それはさておき、今回は収入増を目指すより節約した方が早い理由を、下の2つの観点から解説していきます。

  • 会社の昇給はメチャクチャ頑張っても年に数千円程度
  • 1万や2万の節約は結構簡単

数分でサラッと読めちゃう内容なので、ぜひ最後まで読んでみてください。

あなたのお金に対する意識改革に繋がると思います。

会社の昇給はメチャクチャ頑張っても年に数千円程度

まず一つ目の『収入を増やす事を考えるよりも節約しちゃった方が早い』って僕が思う理由は、会社って全然給料を上げてくれないってことです。

ではなぜ会社は、あなたのお給料を『スズメの涙』程度しか上げてくれないのでしょうか?

僕が考える理由は下の通りです↓

  • 会社はその人が生活できるギリギリの金額しか払いたくない
  • 一度昇給してしまうと後から下げずらい
  • それでも会社にしがみつく人がほとんど

会社もビジネスをやっている以上、出来る限り経費は削減したいのです。

それでは会社側の思惑を、一つづつ解説していきます。

会社はその人が生活できるギリギリの金額しか払いたくない

会社って誰の為に存在すると思いますか?

社会のため?

社員のため?

もちろんそうだと思います。

でもやっぱり、一番は株主の為なんですよね。では株主がなぜ株券を買うのか…それはやっぱり自分の資産を増やしたいってことだと思います。

そうなるとやっぱり会社って、利益を追求してなんぼなんです。そして利益を追求するには…

1.売り上げを上げる
2.経費を削減する

この二つがメインになってくると思います。

そして2番の『経費を削減する』っていうのには、もちろんあなたのお給料も含まれています。

要するに会社としたら、出来る限りあなたには安い給料で働いてほしいのです。

ただあなたが生活出来ないほどお給料を減らしてしまったら、転職されてしまう事も会社はもちろん知っています。

なのであなたが生活していけるであろう、ギリギリのラインにお給料を設定されているのです。

なんだか悲しいですよね…でもこれが現実なんです。

それでは次に、お給料がなかなか上がらない理由の2つ目に参りましょう。

一度昇給してしまうと後から下げずらい

2つ目の理由は、一度上げた給料はなかなか下げられないという事です。

減給にはやっぱり、それなりに正当な理由が必要みたいなんです。

正当な理由とは

・懲戒処分
・降格、降職

などのようです。(他にもあると思いますが、リサーチ不足ですいませんm(_ _)m )

だから会社の気分によって「はい、あなたムカつくから1万円減給ね♪」なんてことは、もちろんダメなんです。

これってある意味、会社にとってはリスクだと思いませんか?

もし経営が悪化して社員の給料を下げたいってなった時も、会社が一方的には出来ないのです。労働者側の同意があってはじめて、お給料を減らすことができます。

でも会社から「給料減らしていい??」って言われても、なかなか同意なんてできませんよね…

要するに社員の給料を上げるのって、リスクでしかないんです。

だから仕事をメチャクチャ頑張っても年間数千円しか給料が上がらない、なんてザラにあることなんです。

会社側の本音は「極力給料を上げたくない」ってことなんです。

それでも会社にしがみつく人がほとんど

そして3つ目の給料が上がらない理由は、『全然給料が上がらなくても会社にしがみつく人がとても沢山いる』という事です。

人間が生きていく為には、お金が必要なんです。だから働かないといけないんです。

会社側もそれをわかっています。正直そんな弱い人間の足元を見ている、というところもあるのでしょう。

ほとんどの人間は、会社から給料をもらって生きていくという道を選びます。自分で起業してお金を稼げるほどの人間なんて、ほんの一握りだと思います。

そんなことを全部会社側は分っているから、従業員にはギリギリの生活が出来るだけの給料を渡しておけば大丈夫だと思っています。

でもこれを、会社側に文句を言うのもまた違うかと僕は思います。

結局は自分が変わるしかないんです。

微々たる昇給に期待するのはやめて『自らの努力でお金を捻出しましょう』って思っています。どうやって捻出するかというと、僕たち凡人には節約することが一番早くて効果が高いです。

もちろん副業で稼ぎだせる人はそれが一番です。

しかし凡人の僕たちにはそれが無理なんです。

次の章では節約がなぜ手っ取りばやいのかを解説していきます。

1万や2万の節約は結構簡単

こちらの章では『収入を増やす事を考えるよりも節約しちゃった方が早い』って僕が思う理由を解説していきます。

結局会社が給料上げてくれない以上、節約しちゃった方が早いって思ってます。

まあ苦肉の策みたいなところもありますが…

ちなみに「自分は副業でバリバリ稼げる!」って人はもちろんそれがいいと思います。

でもそんなビジネスの才能がある人は、そもそも会社員やってないって話なので今回はそのようなひとは対象にしていません…

まぁそんな訳で、僕が節約の方が月々のお金を捻出するには効率が良いと思う理由は下の通りです↓

  • 気付いていない無駄な出費が結構たくさんある
  • 自分が月にいくら必要なのかを把握していない
  • 使う目的をイメージするとモチベーションが上がりやすい

こんな感じです。

それでは、これらの理由を一つづつ見ていきましょう。

気付いていない無駄な出費が結構たくさんある

節約が簡単な理由の一つ目は、無駄な出費にあまり気付いていない人が多い事があります。

あなたに聞きたいのが、家計簿ってつけてますか?

僕は何年も家計簿をつけていました。そして1円単位で、自分のお金の流れを把握していました。

なんでこんなことをしていたかというと、案外無意識にお金って使っている事が多いからです。

でも意識してお金の流れを見て見ると、無駄なお金が結構あることに気付きました。

特に僕が無駄だと感じたのは

・携帯電話を買うときに無理やり入らされたオプション
・休憩の度に飲んでしまう缶コーヒー
・スナック菓子やデザート

今ではこれらの物は全てやめました。

もちろん人によって、何が必要で何が無駄かの基準は違います。でも家計簿をつける習慣は、とてもおすすめです。無駄な出費が浮き彫りになるかと思います。

それらを削れば1万円や2万円はすぐに浮かすことが出来ると思います。

自分が月にいくら必要なのかを把握していない

そして節約が簡単な2つ目の理由は、生活費の把握さえできれば貯金を確保しやすいという事があります。

あなたは貯金をするとき、どのようにお金を確保していますか?

1.生活費の余った分を貯金
2.まず貯金を確保して残りで生活

もしあなたが確実に貯金をしたいなら、絶対的に2の『まず貯金を確保して残りで生活』をするべきです。

最優先で貯金を確保した方が良いでしょう。

でも生活費がいくらかかるか分からないのに、貯金を確保するのって結構難しいですよね。逆を言えば生活費の把握が出来れば、貯金を先に確保するのは簡単なんです。

だからあなたが最低限生きていける金額を、自分で知っておくことはとても大事です。

使う目的をイメージするとモチベーションが上がりやすい

そして最後に節約って目的意識をもってやれば、とてもモチベーションが上げやすいんですよね。

一番わかりやすいのは、自分の欲望に忠実になる事だと思います。たとえば貯めたお金で…

・ハワイに行きたい
・車が欲しい
・投資の資金にしたい

など具体的に目的を持てば、普段から節約に励むことも苦にはならないんじゃないかと思います。ちなみに僕は、お金を貯めてニートがしたいって思ってました(笑)

以上、収入を増やすよりも節約の方が簡単だよっていう事を説明してきました。

他にもあなたの考え方にコミットするような記事を書いていますので、そちらも読んでみてください。

またTwitterのフォローもよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました