「仕事を辞めたいけど不安」な人の背中を押す8つの心得

仕事を辞めたい
あなた
あなた

実は今の仕事を辞めて、やりたいことがあるんですけど不安もあるんです。

一体、僕はどうしたらいいんでしょうか?

マキタ
マキタ

確かに、今まで続けてきた仕事を辞めて新しい挑戦や転職をするのって、とても勇気がいる事なんですよね!

なので、今回はそんな不安を吹き飛ばして、新たな一歩を踏み出す事ができるような考え方を、お教えさせていただきますね!

どうもこんにちは、マキタです!

今回は仕事を辞めたいと考えているけど、その後のことなんかを考えてしまうと「不安でなかなか一歩目を踏み出せない…」という、あなたに向けた記事となっております。

もちろん、なんでもかんでもすぐに仕事を辞めろってことではありませんが、続ける原因がただ不安だからっていうのも、なんだか理由がマイナス過ぎるんです。

基本的には今の仕事を続けるにしろ辞めるにしろ、積極的な動機の上で行動してほしいと僕は思ってます。

なので、今回は全体的に不安で今の職場に留まるくらいなら、自分の望む道に進んだ方がいいですよ!」っていう内容になっております。

目次からも、直接読みたいところへ飛べるようになっておりますので、ぜひ活用してみてくださいね!

辞めたい仕事を無理に続けるのは、精神的に追い込まれる

辞めたいと思っている仕事をするのって、どうしても我慢や苦痛が多いと思うんです。

もちろん、仕事は時に耐えなければいけない事もあると思います。

しかし、その割合があまりに多すぎるのは考え物ですし、ずっと続ける事だってできません。

人間の精神だって、あまりに酷使すればいずれ限界を迎えてしまうんです。

そして、一度限界を迎えてしまうと社会復帰するのが難しい状況にまで、追い込まれてしまう可能性があるんです。

なので、あなたの心はあなた自身が守ってあげるしかないということを、しっかりと肝に命じておいてください。

我慢だけの人生は良い方向に進まない

あなたは仕事にしても勉強にしても、我慢を教え込まれてきませんでしたか?

そしてあたかも我慢が美徳かのように、上の立場の人は常にあなたに刷り込んできました。

でもこれって、

行動が自発的でない

と思うんです。

我慢しないと「罰があるから」とか「周りがみんなやってるから」とかの、恐怖心が原動力になっていることも多いんです。

もちろん、「自分のやりたいことのために今は我慢する」というように、自発的なものなら問題はありません。

しかし、そうでないことの方が多いと思うんですね。

つまり、

やらされている状態では成果は出ない

と僕は考えています。

やはり、そのような精神状態で取り組むことって到底本気にはなれないし、隙があったら手を抜こうと考えてしまうんです。

なので我慢ばかりの人生は、あまり良い方向へは行かないと思いますね。

ストレスのはけ口が、家族などに向いてしまうこともある

仕事で溜めたストレスって、自然と消えていくわけでもないんです。

じゃあどうなるかといいますと、

抑圧した感情はどんどん蓄積される

んですね。

これが何年も何年も積み重なっていくと、人によっては一気に爆発してしまうこともあるので、気を付けてください。

そうならない為にも、こまめに発散していくことが大事なのです。

しかしここで問題なのが、

発散する為に、家族などに当たってしまう

というケースがあるということなんですね。

これは本人も無意識でやってしまう事だし、家族もあなたの理解者になりたいがために、我慢してくれるかもしれません。

しかしそれが長年続いてしまうと、最後には家庭が崩壊しかねないんですね。

そうならないためにも、ストレスの根本原因である『我慢のし過ぎ』をどうにかしたほうがいいと思います。

つまり、今の仕事を我慢してまで続けているのは、誰の為にもなっていないんです。

家族に向かって「お前らのために我慢して働いているんだ!」という感情が芽生えたら、それは確実に不幸に突き進んでいますよ!

マキタ
マキタ

やはり自分のやりたいことをやっていない人って、どんどんと抑圧された感情がストレスになっていってしまうんです。

そして、周りにも迷惑をかけてしまう可能性があるんですね。

やりたいことをやるチャンスを逃している

今の仕事を辞めるのが不安だからといって、ダラダラと続けているのはとてももったいないんです。

特に、あなたが仕事を辞めてまでやりたい事や夢があるのでしたら、その気持ちが熱いうちに行動に移すことが大事なんですね。

しかし、案外チャンスって掴めない人って多いんですよ。

それは、あなたみたいに今の仕事を辞めるのが不安でダラダラと考えているうちに、その気持ちがいつの間にか冷めてしまうからなんです。

そして再び夢が再燃した時には、歳を取りすぎていて諦めなければならないというような事になってしまうんです。

チャンスをつかむには素早い判断力が必要

チャンスって、色々なタイミングがうまく重なった時にだけ訪れるんです。

なので、

チャンスはいつまでも目の前にある訳ではない

ということを、しっかりと肝に銘じておく必要があります。

そして、

不安を感じている間に去ってしまう

ものなんですね。

チャンスを掴める人って、そのことをちゃんとわかっているんです。

だからここぞというときには、素早い判断を下してしっかりとチャンスをものにするんですね。

確かに慎重な行動が必要なときもあるかと思いますが、不安が常に付きまとう人生では何もチャンスは掴めないでしょう。

なので「気合で不安を振り払う」という力技も、時には必要だと思いますよ!

不安は行動力を鈍らせる

そして「不安」って、言い変えれば「恐怖心ってことなんです。

この恐怖心が、あなたの根底にしっかりと刷り込まれているので、

あれこれ考えて行動が出来ない

ということになってしまうんです。

正直、社会システムや会社組織はこの恐怖心をうまく利用して、人間を思い通りに動かすという仕組みになっていると、僕は思っています。

そしてそのことに気付かずに、一生を会社の歯車として働いてしまうんですね。

あなたも、その植え付けられた恐怖心を引きずっているから、

一歩目を踏み出すまでに時間がかかってしまう

という状況に陥ってしまうんですね。

「不安で自分の人生を思い通りに歩めない」という状況から抜け出すには、少しの勇気が必要なんですね!

マキタ
マキタ

チャンスを掴む人って、ホント素早い判断力や行動力に優れているんです。

不安に心を奪われすぎて、身動きが取れなくなるようなことのないように、注意しましょうね!

やりたくない仕事では、あなたの本当の実力を出すことが出来ない

やはり、やりたい仕事とやりたくない仕事では、気持ちの入りようが違うのは簡単に想像できると思います。

もちろん、やりたくない仕事だってそれまでの積み重ねてきた経験や技術で、それなりの成果を出すことはできると思います。

しかし、本当に最高の結果を残すには、やりたい事をやるしかないんですね!

モチベーションが低ければ実力も発揮できない

モチベーションって、

仕事へ取り組む姿勢が左右される重要なファクター

だと思うんです。

例えばやる気のない仕事って、上から言われた最低限の事はこなしますが、それ以上の精度を求めようとか、結果を出そうとはなかなか考えられないんです。

逆に、やる気があると誰に言われるわけでもなく、それが出来てしまうんですね。

この時点で、いかにモチベーションの低い状態での仕事が、実力を出し切れていないかがわかると思います。

また、

やりたくない事へのモチベーションは長続きしない

ということもあるんですね。

仕事で最高の成果を出すというのは、「継続する」ということもとても大事なんです。

なので、モチベーションの維持の為にも、「やりたくない事を辞める努力」も時には必要なんですね!

新しい事を学ぶ意欲も湧かない

またどんな仕事でも、

最前線で仕事を続けるには、新しい事も学んでいかなければならない

と思うんです。

つまりは成長する意欲というのは、持ち続けなければダメなんですね。

しかし、辞めようか悩んでいるような仕事を、自分の不安のせいにして続けている状態で、成長への意欲なんて持ち続けられるでしょうか?

正直、僕は無理だと思いますね。

ましてや、

学ぶ意欲が無くなれば、スキルの維持もままならなくなる

とさえ思っています。

要するに、どんどんと衰退していってしまうんです。

この衰退とは自分自身の衰えもそうですし、周りの成長に追い付けずに相対的に自分が落ちてしまう、ということもありえますね。

マキタ
マキタ

仕事ってやりたいことをやってこそ、本領を発揮できるものなんです。

もちろん、時にはやりたくない事もやらなければならない時があるでしょうが、全てがそうなってしまわないように、気を付けましょう!

嫌々仕事をやっていると、その空気が周りにも伝播する

「仕事を辞めたいけど、なんとなく不安だから続けている」という状況って、職場の周囲の人たちにも悪影響を及ぼしてしまうんです。

不安が動機となってやっている仕事って、正直嫌々やっている精神状態に近い物があると思うんです。

そういう負のオーラ的なものって、どんなに隠そうとしても伝わってしまうものなんですよね。

なので、ちょっと厳しい言い方かもしれませんが、あなたがその職場全体の足を引っ張るような状況になってしまっているんです。

職場全体の士気を下げてしまう

不思議なもので、人の感情ってどんどんと広がっていくんです。

職場によって空気感が違うのも、そこで働く人間が原因なのかもしれませんね。

そして個人個人においては、

つまらなそうに仕事をしていると、それがにじみ出てしまう

というのがあると思います。

最終的には、

負の感情は職場全体に蔓延

してしまうんですね。

もし、あなたが原因で職場全体の雰囲気が重い物になっているのなら、自分の身の振り方を考えるべきだと思います。

自分が原因で職場の士気を下げてしまうくらいなら、もっとあなたが輝ける環境に移った方が、お互いの為だと思いますね。

あなたの周りから人が去っていく

そしてあなたの周囲の人も、

負のオーラが漂う人には、出来るだけ近寄りたくない

って、無意識的に思っているんです。

なので、

徐々にあなたの周りからやる気のある人は逃げていく

というような状況になってしまいます。

そうなるとあなた自身とても仕事がやりにくいですし、職場での居心地も悪くなってしまいます。

それでも、なおその仕事にしがみつくというのは、完全に負のスパイラルに陥っている証拠なんだと思いますね。

もし、あなたがこのような状況になっているのでしたら、思い切って行動してみるときなのではないかと思いますよ!

マキタ
マキタ

仕事を嫌々やっているのは、周りにもとても悪影響なんですね。

職場の雰囲気を壊さない為にも、あなたはあなたの望む人生へと進むことが大事なんですね!

「転職先をちゃんと見つけられるのか?」という不安は簡単に解決できる

「仕事を辞めるのが不安だ」という人の中には、転職先をしっかりと見つけられるか?」という疑問から、なかなか一歩を踏み出せないという人もいるのではないでしょうか?

僕は何回も転職を経験してきましたが、そこまで難しい事ではないんです。

もちろん自分から行動をしなければなりませんが、それさえできれば転職は簡単なものなんですね!

自分のキャリアの方向性を明確にする

新しく仕事を見つける上で、しっかりと自分の気持ちを確認するという作業が必要なんです。

それは「今の仕事をなぜ辞めたいのか?」だったり、「これから自分が何をやりたいのか?」ということを、明確にしておくためです。

そうでないと、きっと新しい仕事を始めても後悔が生まれてしまいます。

特に転職に当たって大事なのは、

  • 自分が出来る仕事
  • これからやってみたい仕事
  • まだ我慢できる条件
  • 絶対に我慢できない条件

などを明確にしておくことですね。

転職って一度立ち止まって、

自分をしっかりと見つめる事が大事

なんです。

これをしっかりとやっておくことで、自分の進みたいキャリアなんかが見えてくるかと思いますよ!

自分の進みたい道に関する求人が出ているのかを把握する

そして特に重要なのが、求人情報をチェックするということですね。

どんなに自分がやりたい仕事があったとしても、求人が出ていなくてはどうしようもありません。

なので、

まずは求人情報を眺めてみる

ということが大事ですね。

とりあえずどのような求人が出ているのかを、色々と見てみるのがオススメです。

そして求人情報を見る際は、

転職サイトを活用するのがオススメ

ですね。

とても沢山の情報を、無料で見ることが出来るのでとても便利です。

僕は何回もの転職をしてきましたが、全て転職サイトにて仕事を見つけていました。

必ず、あなたの希望する仕事があるはずですよ!

マキタ
マキタ

年々人口が減っている日本においては、働き手もどんどんと減っているんです。

なのでちゃんと転職サイトなどを活用すれば、必ずあなたに合う仕事が見つかるはずだと思いますよ!

お金が不安なら、次の転職先を決めてから辞めるのがオススメ

仕事を辞めるのが不安だという理由の中には、金銭的な問題も大きいかと思います。

やはり仕事をしていなくたって、生活費はどんどんとかかっていってしまうものなんですね。

特に家族を持っている方にとって、収入が途絶えるというのはリスクがとても大きいんです。

なので、そういう場合には次の仕事を見つけてから今の職場を辞めるという方法が、いいかと思います。

無計画に仕事を辞めてしまうと収入が途絶えてしまう

例えば、『会社で上司と喧嘩をして勢い余ってそのまま退職する』というようなことは、出来るだけ避けた方がいいです。

収入が途端になくなると、あなた自身の心に余裕がなくなってしまうんです。

そして、

収入に不安があると焦って仕事を決めてしまう

という恐れがあるんですね。

そんな転職の仕方では、なかなか自分に合った職場は見つかりませんし、労働条件が前よりも悪くなってしまうかもしれません。

なので出来る限り、

今の仕事を続けながら転職先を見つける

ということが大事なんですね。

収入が途絶えなければそれだけ余裕もありますし、ゆっくりと自分に合う仕事を見つけることが出来るはずですよ!

今の仕事をしながらでも転職活動は出来る

なかなか仕事を続けながらだと、転職活動が難しいと思うかもしれません。

でも、空白期間を作らずに転職をしようと考えるなら、それをする必要があるんですね。

特に、

休みや有給をうまく使って面接などに行く

ということが必要になってきます。

しかし、新しい環境への意欲があれば、必ず出来るはずですよ。

自分の将来の為にも、モチベーションを高く持ちましょうね。

そして、働きながら転職活動をする際には、

今の職場にバレないように注意

が必要です。

やはり、あなたが今の会社を辞めようとしていることがバレてしまうと、職場に居づらくなったり引き留めに合ったりします。

そうなると、なかなかうまく転職活動も進みませんので気を付けてくださいね!

マキタ
マキタ

しっかりと計画性を持って転職活動をすれば、金銭的な不安も無く次の道へ進めると思います。

それには早めに行動して、余裕のある転職活動をしてくださいね!

「周りに迷惑をかけてしまうのではないか?」という不安について

真面目な人や責任感の強い人なんかは、「自分が辞めてしまうと迷惑が掛かってしまう」という想いから、仕事を辞めることへの不安が生まれているのかもしれません。

しかし、それはちょっと考え過ぎなのかなとも思います。

もちろん無責任になれということではありませんが、会社のために自分の人生を無駄に使うのもどうかと思いますね。

会社というものは案外どうにかして回るもの

会社がしっかりと滞りなく回っていくように経営するのは、本来経営者の役目です。

それは万が一、退職者が出た場合に「代わりの人間をどうするか?」ということも含まれています。

よって、

会社の人手不足はあなたの責任ではない

ということなんです。

たしかに、あまりにも急に辞めてしまうのは無責任すぎますが、しっかりと余裕を持って退職の意向を伝えてるのであれば、問題はありません。

会社を辞めるとういうのは、労働者に認められた権利なんです。

だから、辞める事への罪悪感みたいなものは、持たなくても大丈夫ですよ!

それに、

あなたがいなくても会社はどうにかなる

ものなんですね。

これはまあ、ちょっと悲しい現実かもしれませんが、実際そうなんですね。

ギリギリまで引き留められるかもしれませんが、いざあなたがいなくなったら無理やりにでも、あなたの代わりって現れるものなんです。

なので「職場への迷惑を考えると辞められない」という不安は、あまり持ちすぎなくていいと思いますね!

漏れの無い引継ぎと、しっかりこれまでの感謝の気持ちを伝えれば大丈夫

ただ、最後までしっかりとあなたの役目を果たすということは大事です。

特に、

引継ぎは後の人のことを考えしっかりと行う

ということは怠らないでください。

「どうせ辞めるから残りの期間は適当に仕事をしよう」という考えは、あなたの人間性を落とす結果になってしまいますよ。

それに、同僚たちとの関係は退職後だって続いて行く可能性がありますので、最後に悪い印象を与えるのは止めておきましょう。

そして、

ここまであなたを育ててくれたという、感謝の気持ちを忘れてはならない

んですね。

新しいステップへ進めるのは、今まであなたが成長してきたからなんです。

そういう気持ちは、しっかりと伝えてから辞めるといいと思いますよ!

マキタ
マキタ

責任感の強い人ほど「自分が辞めたら迷惑がかかるのでは?」と考えてしまうんです。

しかしあなたの人生なので、自分の居場所は自分で決める必要があるんですね!

どんな選択をしても後悔は少なからず付きまとう

仕事を辞める事が不安な時って、「後々自分の選択に後悔してしまうのではないか?」という想いが、少なからずあると思うんです。

あなたの今までの人生を振り返ってみても、おそらく後悔ってたくさんあったのではないでしょうか?

僕は今まで、たくさん後悔をしてきました。

でもその瞬間瞬間は、自分のベストだと思う選択をしてきたのも事実なんです。

会社を辞めても辞めなくても、自分の選ばなかった道への未練は残ってしまう

その時にどんなに自分にとってベストな選択をしたところで、結局は後悔って生まれてしまうんですよね。

たとえば、

我慢して今の会社を続けても「転職した方が良かったのでは?」という想いはずっと消えない

と思うんです。

逆に、

転職後に「あのまま残ればよかった…」という後悔が生まれる可能性もある

と思います。

要するに、自分の選択しなかった人生に対しての後悔って必ずあるんです。

これは、今どんなに成功していてもです。

なので人生を歩むうえで、後悔は避けられないということを知っておいてください。

「後悔のない人生」自体を諦めてしまえば、案外あなたの心も身軽になるかもしれませんね!

どうせ後悔するんだったら、あなたの本心に従うべき

そして、後悔のない人生を目指す事自体が足枷になっていると分かったら、もう後悔を恐れないことが大事ですね。

それには、

今のあなたがどうしたいか

が大事なんです。

もしあなたが転職したいと思っているのでしたら、後々後悔する恐れがあっても転職するべきなんですね。

結局、転職後に自分が納得できるか後悔するかなんて、今の時点では分からないんですよね。

そうであれば、今のあなたの想いを優先するほかありません。

それに、

転職後に生まれる後悔はまたその時に考えればいい

くらいの気持ちでも、いいと思いますよ。

あまりに慎重すぎる姿勢って、なかなか人生が前に進まないんです。

なんでもかんでも無鉄砲に人生を歩めという訳ではありませんが、少しくらいは冒険を楽しむ余裕も大切ですよ!

マキタ
マキタ

人間は「もしあっちの道へ進んでいたら…?」と、いつも別の可能性を考えてしまうものなんです。

なのでどうせ後悔が生まれるのなら、今自分がどうしたいかに素直になって決断すればいいと思いますよ!

タイトルとURLをコピーしました