仕事を辞めたい人にかける言葉は?相談された際の対処法を「辞めたい理由」別にご紹介します

仕事を辞めたい
あなた
あなた

部下から「仕事を辞めたい」と相談されていまして…
一体どのように言葉を返していいのか、悩んでいるんです。

マキタ
マキタ

わかりました。
それでは、今回は「辞めたい理由別」にどのようにアドバイスをするのがベストなのかを、解説していきますね。

また、あなた自身が「仕事を辞めたい」と悩んでしまった場合にも、参考になるはずですよ!

こんにちは、マキタです。

今回はあなたの部下などから「仕事を辞めたい…」と相談されたときに、どのようにアドバイスを送ればいいかを、紹介していきます。

もしあなたが今、身近な人からこのような相談されて、どのように声をかければいいかに悩んでいるのであれば、何かヒントになるかと思います。

相談相手の「仕事を辞めたい理由別」になっておりますので、時間の無い方は目次から直接読みたいところへ飛んでみてくださいね!

人間関係がうまくいかない

人間関係で悩んでしまって「仕事を辞めたい」と思う人って、とても多いんです。

なので、あなたもこのような悩みを周囲から相談される可能性は、とても高いと思います。

ちなみに人間関係で悩んでいる人には、次のようなスタンスで相談に乗ってあげるのがいいでしょう。

  • 相手を変えることは出来ない、だから自分が変わるしかない
  • 嫌いな人のために仕事を辞めるのはもったいない

人間関係の問題をその場しのぎで解決するよりも、悩んでいる本人の根本原因を解決してあげるのがいいと思います。

相手を変えることは出来ない、だから自分が変わるしかない

まず大前提として、他人を変えることなんて不可能なんです。

それなのに、

相手を自分の思い通りに変えようとしてしまう

というのが、人間関係での悩みを生む原因なんだと思います。

じゃあどうすればいいのかと言いますと、まず自分が変わることが大事なんです。

自分が変わるとおのずと、

相手の反応も変わる

はずだからなんですね。

これは、嫌いな相手に全て合わせろってことではありません。

むしろ自分の芯をしっかりと持つ」という方向への変化が、好ましいと思います。

そして、あまり人間関係に悩まない性格を作ることが大事なんですね。

嫌いな人のために仕事を辞めるのはもったいない

もし、嫌いな相手のために仕事を辞めるのであれば、それは相手の思うツボなんですね。

せっかく今まで積み上げてきたキャリアを、そんな相手のせいで失うなんてもったいないですよね?

なので、

もし相談できる相手がいるのなら相談してみる

というのが大切だと思います。

出来れば、信頼できる上司や人事権のある人に相談出来れば、人事移動などで解決できるかもしれません。

やっぱり僕の考えとしては、

嫌いな人のために仕事まで手放す必要はない

っていうことなんです。

選択肢の中に「嫌いな人が現れたら会社を辞める」というのを作ってしまったら、今後嫌いな人が現れるたびに転職しないといけなくなります。

なので、辞めないで済む解決方法を見出す事が、大事なんですね!

マキタ
マキタ

人間関係の問題って、どうしても相手に原因を求めがちなんです。
しかし、相手に改善を求めたところで、更に軋轢を生んでしまうだけなんですね。

給料が少ない

給料が原因で「仕事を辞めよう」と悩む人も多いと思います。

そんな人からもし相談を受けたら、次のようなことを伝えてあげるといいかと思います。

  • 与えることが先、お金は後から付いてくる
  • 働くモチベーションをお金以外に求めてみて

給料で悩んでいる人って、仕事を稼ぐ手段としてしか見ていない可能性が大きいです。

もちろん、人それぞれ価値観があるので否定はできませんが、少しでも広い視野を与えてあげられたら、本人の気持ちに変化が現れるかもしれません。

与えることが先、お金は後から付いてくる

まず給料が少なくて悩んでいる人って、十分な利益を会社に与えていない可能性があります。

なので、本人のプライドを傷付けない程度に、

あなた自身が会社に利益を与えているか?

という問いかけをしてみると、いいかもしれません。

そして、

利益を与える人になってはじめて、多くのお金を受け取れる

という現実に気付かせてあげてください。

会社に利益を与えていないのに、自分だけ給料に文句を付けているという人って、案外多いんです。

おそらく、自分だけが得をしようという「がめついメンタリティー」が、この悩みの原因なのかもしれません。

給料を増やすには会社を変えるのではなく、自分が稼げる器の人間になる必要があるんですね!

働くモチベーションをお金以外に求めてみて

そして、給料の少なさで悩んでいる本人の価値観を、少し広げてあげるということが出来れば理想的なんです。

どうしても稼ぐのを一番の目的にしてしまうと、いずれ給料に不満が出てくるんですよね。

しかし、給料って必ずしも本人の頑張りや成果だけが影響して、決まる訳ではないんです。

『勤続年数』『持っている資格』『家族の人数』など、いろいろな要因で変動してしまうんです。

そして、

お金をモチベーションに働くと、なかなか大きな成果が出ない

と僕自身考えています。

やはりお金だけがモチベーションの人って、悪い意味で費用対効果を考えながら仕事をすると思うんです。

「自分のもらっている給料以上の仕事はしたくない」っていう思考になりがちなんです。

なので、

社会の為自分の家族の為に働いてみる

という考えに、少しずつシフトしてあげられたらいいかと思います。

もちろん、いきなり本人の意識を変えるなんて、到底できません。

しかし、あなた自身が自分以外の人のために働いている姿を示すことで、相手の心境になにか変化が見られるかもしれませんよ!

マキタ
マキタ

給料の少なさで悩んでいるのなら、働く動機を別の事に求めることがオススメです。

また、もし生活費が足りないという状況なのでしたら、給料アップを目指す前に生活費の削減をした方が、早かったりしますよ!

仕事で大失敗をしてしまった

仕事で失敗をしてしまった人は、とても落ち込んでいる状態のはずです。

なので出来るだけ「その失敗には意味がある」ということを伝えて、気持ちを前向きにしてあげることが大切です。

具体的には、

  • 人間は失敗からしか学べない
  • 同じミスを繰り返さなければいい

ということを、相手の気持ちに寄り添う形で、伝えてあげてくださいね。

人間は失敗からしか学べない

人が成長していくには、

失敗からうまくいかない方法を学ぶ

ということが大切なんです。

失敗する方法を、今後繰り返さないようにすることで、成功の確率が上がっていくんです。

逆に、

成功から学べることは少ない

と思います。

もちろん仕事においては成功を望むべきですが、学びという観点から言えばあまり多くはありません。

かの有名なエジソンは、実験での失敗を繰り返すことに対して、助手にこう言っています。

私は失敗したことがない。

ただ、1万通りのうまく行かない方法を見つけただけだ。

トーマス・エジソン

このような考え方を、失敗して落ち込んでいる相手に、教えてあげてくださいね。

同じミスを繰り返さなければいい

そして失敗した経験っていうのは、今後の仕事をする上でとても大事なんです。

人間は学んでいく生き物なんで、

失敗した記憶は深く脳に刻まれる

んですね。

なので、

誰よりも失敗した事への意識が高くなる

はずなんです。

確かに失敗してしまった時は、精神的にとても辛いんです。

しかし今後の大事な局面で失敗しないように、ちゃんと意識できるようになるんですね。

マキタ
マキタ

『失敗は成功の母』ということわざもあるくらい、失敗っていうのはその人の成長を促してくれるものなんです。

後々、必ずその経験が生きてくるはずですよ!

毎日同じことの繰り返しにマンネリを感じている

仕事にマンネリを感じている人に対する相談の乗り方は、出来るだけ新しい成長の道筋を見せてあげる事だと思います。

具体的には、

  • 繰り返しの中に新しい学びがある
  • 新しい環境に移るタイミングなのかもしれない

ということに、気付かせてあげるのがいいと思います。

繰り返しの中に新しい学びがある

マンネリのあまりに仕事を辞めようと考えている人って、自分の成長を感じられないことが原因なのかもしれません。

なので、本人に成長を実感させてあげることが重要なんです。

その為には、

何も考えずに同じことを繰り返してはダメ

なんです。

毎日の繰り返しの中にも必ず新しい学びがあるので、それを発見する努力が必要なんです。

そして、自分が成長して視点が変われば、

新たな発見や学びを見つけられる

はずなんですね。

そのことに、気付かせてさえあげられれば成長する実感を得られ、マンネリからも脱出できると思いますよ!

新しい環境に移るタイミングなのかもしれない

次に先ほどとは別のパターンなのですが、退職を思いとどまらせるのではなく、背中を押してあげるということも場合によっては必要です。

先ほども言いましたが、

マンネリは自分の成長を感じれていない証拠

なんですよね。

あなたから見て、本人の成長が今の職場ではこれ以上望めないと感じるのなら、

新しいことに挑戦する必要がある

ということを、伝えてあげてください。

優秀な人材であれば、会社の利益の為にも思いとどまらせたいと思うかもしれません。

しかし、本人にとって何がベストなのかを見極めてアドバイスしてあげるのも、大事なことだと僕は思います。

マキタ
マキタ

マンネリの中から、新たな発見をする努力をしてみてください。
案外、今まで気づかなかったことがあると思いますよ。

そして、新しい挑戦も恐れずにするべきなんです!

思うように成果が出せない

思うように成果が出なくて悩んでいる人には、あまり大きな成果を焦りすぎてはいけないということを、アドバイスしてあげてください。

特に、次のような事を伝えてあげると、いいかもしれません。

  • 小さなことを継続すること自体が大きな成果
  • 目の前のことに集中して

大きな成果をいきなり得ようとしている人は、あまりにも先を見過ぎていて、足元を固める事が出来ていないんです。

小さなことを継続すること自体が大きな成果

成功を掴むために、まず知っておかなければいけないのは、

小さい事の積み重ねの先に、大きな成功がある

っていうことなんです。

だから、小さい事を一個一個積み上げていかなければいけないんですね。

しかし、

コツコツと継続できる人はほとんどいない

っていうのも事実なんですね。

それに、長く継続をしているということ自体を、とても大きく評価してくれる人だっているんです。

特に、会社の様に利益を出し続ける事が求められるところでは、一発の大きな利益よりも小さくても確実に利益を出し続けてくれる人材が必要なんです。

目の前のことに集中して

なので、あまり先の大きな目標ばかりを見るのではなく、目の前の今やるべきことにも目を向ける大事さを、教えてあげてください。

大きな目標ばかりに囚われている人は、

現実との差が大きすぎて嫌になる

という傾向が強いんです。

なので案外挫折しやすくて、ゴールにもなかなかたどり着けないように感じます。

そして、

今、自分が出来る事に全力を出すべき

だと僕は思います。

確かに将来の大きな目標は、仕事に対するモチベーションを上げてくれるのですが、現状との落差に気付いた時に、なんだかやる気が落ちてしまうんです。

だから、あえて先を見過ぎないという考え方も大事だということを、悩んでいる相手に教えてあげるといいかと思います。

マキタ
マキタ

小さなことを継続することでしか、大きな目標って達成できないんです。
なので、大きな成果を出すために、焦ってはダメですよ!

なかなか仕事が覚えられない

これは新人なんかに多い悩みだと思います。

もしあなたが部下や後輩に「仕事を覚えられなくて辞めようか悩んでいる」と相談されたら、次のようなことを伝えてあげてください。

  • 仕事を覚えるスピードは人それぞれ
  • 土台をゆっくり築いた人の方が後々高い所まで行ける

新人のうちって仕事を覚えることで手一杯なので、なかなか広い視野で考える事が出来ないと思うんです。

なので、あなたが別の視点からアドバイスしてあげれるといいと思いますね。

仕事を覚えるスピードは人それぞれ

覚えるスピードの遅さで悩んでいる人は、周りと自分を比較してしまっているのが原因なんです。

冷静になって考えれば分かりますが、覚えるスピードに差があるのは当たり前です。

しかし、本人はそんなことを考える余裕はありませんので、自分を責めてしまうんです。

なので、

一見、覚えが悪そうな人にも良い所はある

ということに、気付かせてあげてください。

むしろ、そういう人って、

仕事の丁寧さなどに秀でている可能性が高い

と思うんです。

確かに、仕事を覚える段階では要領の良い人間の方が、評価がされやすいです。

しかし、長い社会人人生を考えると仕事を丁寧にこなす人の評価も、かなり高くなるはずなんです。

だから、新人の仕事を覚えている段階で、他と比べるのはナンセンスなんだということを、教えてあげてくださいね!

土台をゆっくり築いた人の方が後々高い所まで行ける

また、仕事を覚えるのが遅いように思える人っていうのは、しっかり理解しようとしているのかもしれません。

だから要領が良い人に比べて、なかなか先に進めないのです。

僕は、成長にはタワー型と山型があると思っています。

実際に、スカイツリーと富士山を思い浮かべてみてほしいんですが、明らかに富士山の方が高いですし安定感もありますよね?

これは人間の成長にも言えて、

山型の方が高い所に到達できる

と思います。

そして山型の成長をしていくには、

はじめに土台を横に伸ばす時間が必要

なんですね。

だから、どうしても要領よくタワー型で成長していく人に比べると、山型の人は上に伸びはじめるのが遅くなってしまうのです。

しかし、将来的に高くまで成長できるのは、土台をしっかりと築いた山型の人なんですね。

マキタ
マキタ

仕事が覚えられなくて辛いのって、新人のうちだけなんですね。
たとえ、どんなに覚えるのが遅くても一回仕事を覚えてしまえば、この悩みって自然と消えてしまうものなんです。

自分のやりたい仕事をさせてもらえない

こちらも、どちらかというと若手の人に多い悩みかと思います。

やはりいざ会社に入ってみると、イメージと違ったり希望の部署に配属されなかったりで、やりたい仕事が出来ずに悩んでしまうんです。

そのようなことで、もしあなたが相談を受けたら、次のことを伝えてあげるといいかもしれません。

  • つまらない仕事にどう向き合うかが試されている
  • 自分の希望が通るのはもっとあなたが大きくなってから

「やりたい事が出来なくて辛い」という意識から、「今の頑張りがやりたいことに繋がっている」という方向へ、シフトしてあげてください。

つまらない仕事にどう向き合うかが試されている

まず、自分のやりたい事が出来ずに悩んでいる人には、「やりたくない事に取り組む姿勢」が大事だと教えてあげてください。

周りの人って言うのは、案外そういう姿勢的なところを見ているものなんですね。

特に、

つまらない仕事にしっかり向き合えているか

というのは、仕事を任せるに値するかを評価するのに、大事なポイントなんです。

もちろん、ただ我慢を強要したところで、根本的な解決にはなっていませんよね?

なので、

真剣に取り組むと案外楽しくなってくる

ということも、同時に教えてあげてください。

これは、実際に感じてみないとわからないのですが、「試しに真剣に取り組んでみよう!」という方向に考えを持っていければ理想的ですね。

自分の希望が通るのはもっとあなたが大きくなってから

そしてとても当たり前のことなんですが、

最初から自分のやりたいことをやらせてもらえるはずがない

んですね。

会社側だって「大事な仕事はある程度信頼のある人間に任せたい」と思っているはずです。

しかし「自分のやりたいことが出来ない」と嘆いている人に限って、そのことを無視しています。

なので、

あなたが一定の成長を見せれば希望が通りやすくなる

という現実に、気付かせてあげてください。

相談相手がそのことを受け入れられれば、案外すんなりと今の任されている仕事に力を注ぐことが出来るかもしれません。

マキタ
マキタ

将来、自分のやりたい仕事が出来る様になった時に、やりたくない仕事に真剣に向き合った経験って、絶対役に立つんです。

なので、やりたくない仕事にも楽しさを見出しながら、乗り切っていきましょう!

今よりも条件のいい会社から誘われている

これはとても仕事の出来る人に起こる悩みなのですが、他社からヘッドハンティングされて、今の会社よりも良い条件を提示されているようなケースです。

もし、あなたが部下や後輩からそのような相談を持ちかけられたとしたら、次のような観点でアドバイスを送るといいと思います。

  • あなた自身の価値を今まで高めてきた証拠
  • あなたの成長に繋がるのならその話に乗るのもアリ

場合によっては、この話に「乗るか乗らないか」の結論は本人の中では出ていて、あとはあなたに背中を押してほしいというだけの可能性もあります。

もちろん、あなたも自分の会社の利益などを考えると引き留めたいという感情もあるはずですので、あなた自身の器が試される、難しい局面であることも事実なんですよね。

あなた自身の価値を今まで高めてきた証拠

まずは、相談相手が他社からの引き抜きにあっている状況というのは、仕事の能力がとても高いからだということを伝えてあげましょう。

そうすることで、相談相手もあなたに一定の信頼を置き、話を優位に進められるかと思います。

そのためには、

ヘッドハンティングされるような人はなかなかいない

という事実をお伝えするのが、いいかと思います。

そして、

今までの仕事への取り組みが、高く評価された証拠

であることを、本人に自覚させます。

もし、あなたがこの相談相手を引き留めたいのであれば、あなた自身も高く評価しているということを伝えるしかありません。

ヘッドハンティングをしようとしている他社は、そこそこの条件を提示しているはずです。

なのでそれに勝つには、「あなたがうちの会社には必要だ」ということを、ちゃんと伝える必要がありますね。

あなたの成長に繋がるのならその話に乗るのもアリ

次は、逆に背中を押してあげるパターンです。

もしあなた自身、相談相手が新しい会社に移った方が、本人のためになると判断した場合には、

自分を高く評価してくれるところへ移ってみるのもアリ

だということを、伝えてあげるといいかと思います。

もちろん突き放すような言い方ではなく、「思いとどまってくれたら嬉しいけど」というニュアンスを含めながらです。

そして、

今の会社への今までの恩を忘れてはならない

ということを、今後の本人の為にもしっかりとアドバイスしてあげてくださいね。

このように優秀な人材がいなくなるのは、会社にとって不利益なことだということが分かっていながら、背中を押してあげるのはなかなか出来る事ではありません。

しかし、去る者を無理矢理引き留めたところで、本人のモチベーションも下がってしまいますし、良い結果は生まれません。

なので、時には背中を押してあげるという選択も、必要なんですね!

マキタ
マキタ

他の会社から声をかけられるというのは、その人の高い評価が業界内に響き渡っている証拠でもあります。

なので、これは誇りに思っていいことなんですね!

タイトルとURLをコピーしました