仕事に疲れたら無理せずに休んだ方がいいですよ

仕事について

こんにちわ、マキタです。

あなたはいつも、無理して働きすぎてはいませんか?

頑張るのは大切ですが、疲れている時は素直に休むことも大切なんです。

その理由は、以前の僕のツイートにも書きました。

このように疲れた状態で働くって、とても生産性の低い状態なんですね。

できるだけあなたの頑張り過ぎる意識を変えて、常にベストパフォーマンスで仕事にあたってほしいと思い、この記事を書いています。

とはいうものの、あなたにも次のような疑問が湧いていると思うんです。

あなた
あなた
  • なぜ仕事に疲れたら休んだ方がいいの?
  • 仕事に疲れたからってそう簡単には休めないんだけど・・・

今回はこれらのあなたの疑問に、僕が答えていきますね。

読み終わる頃には、無理して仕事をすることが実はとても非効率だということを、理解していただけると思います。

そして、あなたは今まで以上に生産性の高い状態で、仕事をこなすことが出来る様になるはずです。

それでは、まず一つ目の疑問からお答えしていきます。

なぜ仕事に疲れたら休んだ方がいいの?

あなたの一つ目の疑問は、

あなた
あなた

なぜ仕事に疲れたら休んだ方がいいの?

ということですね。

それに対する僕の回答は、

マキタ
マキタ
  • パフォーマンスが落ちている状態で仕事をしても効率が悪いだけだから
  • 成果を出すのに一番大事なのは『継続』だから

の二つです。

それでは、それぞれ解説させていただきますね。

パフォーマンスが落ちている状態で仕事をしても効率が悪いだけだから

日本の企業って「仕事をこなした量」よりも「会社にいた時間の長さ」で評価される傾向にありませんか?

それってなんだか、すごく非合理的だと思うんです。

長時間働いていると、どうしたって疲れが出てきてしまい「時間に対する仕事量」も、どんどん落ちていってしまうんですよね。

集中力だって、そんなに長くは続かないんです。

だから、疲れた状態で仕事をダラダラ続けるのは、逆に非効率なんです。

疲れを感じたら、躊躇せず休むようにしましょう。

結局トータルで見ると、その方が多くの仕事をこなせると思うんです。

それに、休むことも仕事のうちだということを知ってください。

どうしても、休むことに罪悪感を覚えがちな人が多い様に思います。

でも、実際は休んだ方が生産性が上がるので、自分と会社のためでもあるんです。

成果を出すのに一番大事なのは『継続』だから

そして何より成果を出すには、継続することが大事なんです。

ホントの限界がきてしまうと、あなたは今後その仕事が二度と出来ないくらいに、トラウマになってしまうかもしれません。

仕事が嫌になってしまっては、元も子もないんです。

だからそうなることだけは、避けなくちゃいけないんです。

目先の評価だけを気にして頑張り過ぎると、すぐに限界が来てしまいますよ。

なので、『継続』するためには適度に休むことが大切ということを、しっかり頭に入れておいてくださいね。

人それぞれペースって違うんです。

だから、あなたにとって一番心地のいいペースで、進んで行くようにしてください。

それが『継続』するためには、とても大切なんですね。

なぜ仕事に疲れたら休んだ方がいいの?

  • パフォーマンスが落ちている状態で仕事をしても効率が悪いだけだから
  • 成果を出すのに一番大事なのは『継続』だから

それでは、二つ目の疑問にまいりましょう。

仕事に疲れたからってそう簡単には休めないんだけど・・・

あなたの二つ目の疑問は、

あなた
あなた

仕事に疲れたからってそう簡単には休めないんだけど・・・

ですね。

これに対する僕の回答は、

マキタ
マキタ
  • 何かしらの理由をつけて休みをとる
  • その仕事を一回辞めてみるのもアリ

になります。

それでは、またそれぞれを解説していきます。

何かしらの理由をつけて休みをとる

これは、僕が会社に勤めているとき、結構よくやっていました。

あなたは「いや、それってズル休みじゃん!」って思うかもしれません。

はい、ズル休みなんです(笑)

でもどんなに会社に忠誠を誓っても、その会社ってあなたの物ですか?

いいえ、違いますよね。

顔も名前も分からない、株主の物なんです。

確かに、最低限の責任を果たすことは、大事だと思います。

でも、あなたの心身の健康を害してまで、働くことはないと思います。

万が一あなたが倒れても、会社が助けてくれるわけではありません。

自分を大事にしてあげられるのは、自分だけなんです。

だから、限界が来てしまう前にズル休みだろうがなんだろうが、自分を守る必要があるんですよ。

逆に、真面目過ぎる人が心身の健康を壊して、結局取り返しのつかないことになるんです。

それに、うまい事休むスキルも社会人には必要なんです。

休み過ぎてクビになっては元も子も無いですが、年に1、2回程度なら休んだってどうってことはないんです。

その仕事を一回辞めてみるのもアリ

それでも辛いときは、会社を辞めるのも全然アリですね。

何度も言いますが、一番大事なのはあなた自身です。

会社ではありません。

それに、辞めてもあなたの変わりは必ずいるんです。

責任感のある人ほど、「自分の後釜が見つかってから」とか「このプロジェクトが終わってから辞めよう」って言うんですが、そんなのも必要ないと僕は思うんです。

無責任って言われちゃうかもしれないですが、あなたが辞めたくらいで組織が回らなくなってしまうのは、会社側の経営責任なんです。

だから、あなたが気にすることじゃないんです。

それに、あなたの人生もどうにかなるんです。

仕事を辞めると金銭的な不安が出てきますが、失業保健や生活保護などの社会保障はいくらでもあります。

そういう制度は、堂々と使っていいと思います。

また、親や兄弟などに頼っちゃうのも、全然アリだと思いますね。

そして十分あなたが休んだら、また働いて恩を返していけばいいんですよ。

だから、会社を辞めることを人生の選択肢の一つにいれておいて、いいと思うんです。

仕事に疲れたからってそう簡単には休めないんだけど・・・

  • 何かしらの理由をつけて休みをとる
  • その仕事を一回辞めてみるのもアリ

責任感って大事なんですけど、その責任に押しつぶされそうになったら、逃げる事も大事です。

もう一度、今回僕が一番言いたかった事を言わせてください。

それは、

マキタ
マキタ

仕事に疲れたら無理せずに休んだ方がいいですよ

それでは、最後にまとめをしておきましょう。

なぜ仕事に疲れたら休んだ方がいいの?

  • パフォーマンスが落ちている状態で仕事をしても効率が悪いだけだから
  • 成果を出すのに一番大事なのは『継続』だから

仕事に疲れたからってそう簡単には休めないんだけど・・・

  • 何かしらの理由をつけて休みをとる
  • その仕事を一回辞めてみるのもアリ

どうしても社会人って、休むことはいけないことと考えて、無理をしがちになるんです。

それは、「周りも頑張ってるし自分だけ休めない」という雰囲気が、そうさせているのかもしれませんね。

でも、やっぱり自分のことを大切に思ってあげられるのは、自分だけなんです。

だから自分が辛いときは、しっかりと休ませてあげてくださいね!

ほかにも、あなたの人生に役に立つ記事を沢山書いていますので、ぜひそちらも読んでください。

またツイッターのフォローも、よろしくお願いします。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました